“腸内フローラ”という言葉を知っていますか?腸内フローラは私たちの健康に大きな影響をもたらしています。今回の記事では、腸内フローラの基礎知識について紹介します。

腸内フローラとは

 腸内フローラとは、特に小腸後半から大腸に多種多様、大量に存在している細菌たちの様子を表しています。

その細菌たちの様子がまるでお花畑のようであることから“フローラ”と言われています。

人それぞれ腸内フローラは異なり、持っているフローラによって肥満や糖尿病、がん、アレルギーなどの発症に関わります。

体に合う食べ物、合わない食べ物があるのは、腸内フローラが関係しています。

細菌の数・種類について

細菌の数

 人間の消化管には500〜1,000種類ほどの細菌が100兆個以上存在しています。(個人差あり)

人間の体細胞が約60兆個と言われているので、お腹の中に細胞より多い細菌を持っていることになります。

私たちの大便は食べ物のカスと思われがちですが、驚くことに半分以上が細菌の死骸なのです。

細菌の種類

 細菌の種類は人間にとっていい働きをする善玉菌、体に良くない悪玉菌、腸内環境次第でよくも悪くも働く日和見菌の3種類です。

皆さんご存知のビフィズス菌や乳酸菌が善玉菌の代表的な存在で、大腸菌が悪玉菌の代表です。

これらの細菌はお互いに食う食われるの関係で、まさにジャングルのような生態系がお腹の中にはあります。

腸内環境を改善するということは、善玉菌を増やせばいいということではなく、この生態系を活発にしてあげることが大切です。

腸内フローラの作られ方

 腸内フローラは生まれ生きていく上で、体に入った細菌の一部が腸内にとどまることで作られていきます。

しかし成長するに従って、腸内に細菌が定着することが少なくなっていくので、幼いうちに多くの菌に触れることがとても大切です。

なんでも抗菌・除菌と言われる現代では、幼い頃に菌と触れ合うことが少ないので、腸内フローラが豊かではない可能性があります。

家族の腸内フローラは似る

 幼いうちに腸内フローラはある程度決まるのですが、大人になってから腸内フローラを豊かにしていく方法があります。

その鍵となるのが“食事”です。家族は同じような食事をするので腸内フローラが似ています。

また家族に限らず、カップルも同じような食事をするので腸内フローラが似ていきます。

誰かと付き合い始めて体調の変化が現れたら、もしかしたら腸内フローラに変化が起きたのかもしれません。

プロバイオティクスとプレバイオティクス

 腸内フローラを豊かにしてくれる食品には大きく2種類があります。

1つめは、乳酸菌やビフィズス菌などの細菌を含む食品の“プロバイオティクス”

2つめは、善玉菌の栄養源となる食品の“プレバイオティクス”です。

ここに関してはさらに詳しく解説した記事を用意しています。

プロバイオティクスに関する記事はこちらから】→『腸に菌を送り込め!』プロバイオティクスで腸内を改善せよ

プレバイオティクスに関する記事はこちらから】→『腸内細菌に栄養を!』プレバイオティクスで腸をイキイキ!

研究について

 一昔前まで、「食物繊維は人間には消化できないものだけど、お腹のお掃除をしてくれるから食べておこう」と言われていました。

しかし最近の研究では、人間は腸内細菌の力を借りて一部の食物繊維を栄養にしていることがわかりました。

 腸内フローラの研究はまだ始まったばかりです。また、人それぞれ腸内フローラは全く異なります。

ですので、「これを食べたらいい!」とは言い切ることが難しいのです。

多くの人の腸にはいいとされるものでも、一部の人は下痢をしたり、ガスが溜まることもあります。

自分の腸にとってどれが合うのかということを、皆さんには探し出してほしいです。

まとめ

 今回は腸内フローラの基礎知識について紹介しました。この記事で少しでも腸内フローラに興味を持っていただけたら嬉しいです。

腸内フローラに関する記事はいくつかありますのでさらに学びを深めたい方は是非とも読んでみてください。

【関連記事】『腸内細菌に栄養を!』プレバイオティクスで腸をイキイキ!

【関連記事】『腸に菌を送り込め!』プロバイオティクスで腸内を改善せよ

最後まで読んでいただきありがとうございました。

おすすめの記事