私たちの腸には多くの細菌たちが住んでいて、健康を維持するために働いています。この細菌たちに栄養を与えて腸を健康に保つことをプレバイオティクスと言います。今回はプレバイオティクスについて紹介します。

プレバイオティクスとは

 プレバイオティクスとは、腸内細菌の栄養となる食品やその食品を摂取することを言います。

腸内細菌も私たち人間と同じで生きています。ということは、栄養がないと死んでしまいます。

プレバイオティクスは簡単にいうと、腸内細菌たちに“ご飯”を与えて元気にすることです。

ですがここで問題があり、多くの食品は腸に届くまでに分解・吸収されてしまうのです。

つまり、腸内細菌の栄養になるためには、腸に届くまでに分解・吸収されないことが大前提ということです。

主なプレバイオティクス食品

 プレバイオティクス食品となるのは、主にオリゴ糖や食物繊維です。

食物繊維には水溶性食物繊維と不溶性食物繊維があるのでそれぞれ紹介します。

オリゴ糖

  • 玉ねぎ
  • ごぼう
  • にんにく
  • オーツ麦
  • 大麦
  • ニラ

水溶性食物繊維

  • 昆布
  • わかめ
  • こんにゃく

不溶性食物繊維

  • ごぼう
  • ココア
  • 豆類
  • 甲殻類の殻

プレバイオティクスの条件

 プレバイオティクスと言われるには3つの条件があります。

  1. 腸内細菌の増殖を促進すること
  2. 腸内フローラ構成健康的なバランスに改善し維持すること
  3. 人の健康の維持・増進に役立つこと

これらを満たすのがプレバイオティクスであり、主なものはオリゴ糖と食物繊維なのです。

おばあちゃんの料理は腸に良い

 先ほど主なプレバイオティクス食品を紹介しました。よくみると地味なものが多いですよね。

実はおばあちゃんが作ってくれるようなお惣菜は、プレバイオティクス食品だらけなのです。

お腹の調子が悪い時は、お惣菜コーナーでおばあちゃんが作るような料理を買って食べてみてください。

玉ねぎが万能!

 1年中スーパーで購入することのできる玉ねぎは、ごぼうに次いでオリゴ糖が豊富に含まれています。

オリゴ糖が含まれる食品は少なく、含まれていたとしても少量ですが、玉ねぎは100gあたり2.8gと豊富です。

ごぼうはレシピ的にも味わい的にも摂取することは難しいですが、玉ねぎは摂取が簡単です。

和でも洋でもどんな料理でも染まる玉ねぎは献立に取り入れやすいです。積極的に摂取しましょう。

イヌリンのサプリがオススメ

 イヌリンはごぼうなどに多く含まれる食物繊維で、プレバイオティクスの代表格です。

時間のない毎日でプレバイオティクス食品をしっかり摂取するのは大変ですし、お金もかかります。

ですがイヌリンをサプリメントとして摂取すると、とても楽ですし安いです。

時間やお金に余裕があまりない方や、腸内環境の改善のためにプレバイオティクスを多く摂取したい方にオススメです。

まとめ

 今回はプレバイオティクスについて紹介しました。あなたも腸に栄養を送って腸内環境を整えましょう。

プレバイオティクスと似た考えで、プロバイオティクスというものがあります。

プロバイオティクス生きた菌を摂取することで腸内環境を整える方法です。

【こちらから読めるので読んでみてください 】→『腸に菌を送り込め!』プロバイオティクスで腸内を改善せよ

また、プレ・プロバイオティクスは腸内フローラについて知っておくと理解しやすいです。

腸内フローラの記事も合わせて読んでみてください】→『腸内フローラとは?』腸内フローラの基礎知識について

最後まで読んでいただきありがとうございます。

おすすめの記事