ホエイプロテインを購入しようとすると、WPC、WPI、WPHと3種類があります。どれを購入すべきか全くわかりませんよね。この記事を最後まで読むと自分にあったホエイプロテインを見つけることができます。

ホエイプロテインについて

 ホエイとは、乳清とも言われ、牛乳や脱脂粉乳からカゼイン(タンパク質の一種)を除いたものです。これを原料とするのがホエイプロテインです。

ホエイプロテインには3種類あり、目的に応じて使い分けることができます。では、種類について解説します。

WPC

WPCとはWhey Protein Concentrate(ホエイプロテインコンセントレート)のことです。もっとも多く市場に出回っており、価格が低いです。タンパク質含有量は100gあたり70〜80gです。

WPI

 WPIとはWhey Protein Isolate(ホエイプロテインアイソレート)のことです。WPCには乳糖や乳脂、灰分などが含まれますが、それらを取り除いて、タンパク質の含有量を高めたものです。

タンパク質含有量は100gあたり90g以上になり、かなり精製度の高く、WPCと比べると消化吸収が早いです。

WPH

 WPHとはWhey Protein Hydrolysate(ホエイプロテインハイドロリーセート)のことです。

WPCに酵素を働かせアミノ酸の細かいつながりまで分解したもので、別名ホエイペプチドと言います。

すでに消化されているので、WPCやWPIと比べると消化吸収が早いのが特徴です。また胃腸への負担が少ないです。

選び方について

 基本的に購入する場合はWPCでいいでしょう。価格が安い上に種類が豊富です。タンパク質の含有量ではWPIに劣りますが、決して質が悪いなんてことはありません。

しかし、牛乳を飲むとお腹を下す乳糖不耐性の人はWPIを選ぶといいでしょう。WPCには前述した通り、乳糖が含まれています。お腹を下してしまうのに、無理に飲む必要はありません。少し高いですがWPIを購入しましょう。

 WPHに関してはその他のものとは別のサプリのように考えましょう。消化吸収がかなり早いので、トレーニング前後や起床後に飲むといいです。しかし、あまりにも消化吸収が早いので、浸透圧性の下痢を起こす可能性があります。なので他のプロテインと合わせて少量飲むことをオススメします。

ホエイプロテインのメリット

 ここまでは種類について説明しました。次はホエイプロテインを飲むメリットについて解説します。主なメリットは3つあります。

  • 筋肉を増やす
  • 免疫力の向上
  • ダイエット効果

1つずつ見ていきましょう。

筋肉を増やす

 ホエイプロテインにはBCAAが多く含まれています。またインスリンの反応をよくするため、筋肥大効果が期待できます。

それだけでなく、筋肉の分解作用があるコルチゾルを減らすことができ、男性ホルモンである、テストステロン値を高くすることができます。

免疫力の向上

 ホエイには“システイン”というアミノ酸が多く含まれています。システインには免疫力を向上させる効果が期待できます。

ダイエット効果

 ホエイには空腹のシグナルを送るグレリンのレベルを抑える働きがあることと、EPOCを増加させる働きがあることで、ダイエット効果が期待されます。

EPOCとはExcess Post Exercise Oxygen Consumptionの頭文字をとったもので、運動後に疲労物質除去や筋肉の回復、合成にエネルギーが使われることで、消費カロリーが増加することです。

まとめ

 今回はホエイプロテイン について解説しました。自分にあったプロテインを探すヒントになったでしょうか。

内容がよくわからなかったらとりあえずWPCを購入してください。何も表記がないのはWPCですよ。

難しい言葉が多かったと思いますが、最後まで読んでいただきありがとうございました。

おすすめの記事