今回はトレーニングする方におすすめの間食を5つ紹介します。間食をうまく使うことであなたの理想の体に近づくことができるでしょう。

正しい間食

 正しい間食とは?一言で表すと“栄養補給”です。

間食は甘いお菓子ではありません。間食は大切な栄養補給をすることなのです。

では間食に向いているものはどんなものでしょうか?

  • 低糖質
  • 高タンパク質
  • 低脂質(良質な脂質はOK)
  • 食物繊維が豊富
  • ビタミン・ミネラルが豊富
  • 咀嚼できる
  • 腹持ちがいい
  • 塩分が少ない

ざっとこんな感じです。この中で多く当てはまるものほど間食としては最適です。

間食の嬉しい効果

 間食をすることで嬉しいことが5つあります。

  1. 食べ過ぎを防止できる
  2. 少しずつ食べるから消化にいい
  3. 空腹のストレスなし
  4. たくさん食べた気がして幸せ
  5. 体に栄養が巡り続ける

こんなにいいことがあるんです!間食は積極的に取り入れましょう!

おすすめの間食5選

⒈プロテイン

 プロテインは間食なの?って感じですがプロテインは外せません!

高タンパクでいて低糖質・低脂質でこんなにも簡単に摂取できるものは他にありません。

何か作ったり買ったりするのが面倒だという方はプロテインだけでもいいと思います。

プロテインに関する注意

 プロテインは粉を自分で溶かして飲みましょう!市販のプロテインドリンクはおすすめできません。

なぜなら余計な糖分や人工甘味料が多いからです。それにコスパが悪いです。

もしプロテインを忘れたときや切らしてしまったときは頼るようにしましょう。

⒉ゆで卵

 ゆで卵は高タンパク・低脂質・低糖質そしてビタミンが豊富に含まれています。

さらにコスパ最強、茹でるだけ簡単、シンプルに美味しい。もう言うことはありません。

欠点といえば夏場は食中毒が怖いということだけです。

⒊鶏の胸肉

 鶏の胸肉は超高タンパク・低脂質・低糖質ビタミンも豊富なので最強の筋トレ食です。

腹持ちがいいのでこまめに食べることで食欲を終えることができます。

鶏の胸肉は基本的に自分で調理することをおすすめします。理由は体に優しいからです。

コンビニのサラダチキンは柔らかくて美味しいですが色々の物質が含まれているので控えましょう。

常にクリーンなものを食べたほうが体の調子は格段にいいはずです。

時間がないときはサラダチキンに頼る程度にしましょう!

こちらの記事では鶏胸肉の栄養価やオススメの調理法を紹介しています。読んでみてください。

⒋小魚&ナッツ

 小魚&ナッツは主にカルシウムと良質な脂質を手軽に補給することができます。

食べるときは無塩のものを選択するといいでしょう。カリカリという食感で満足感もあります。

注意としてナッツは良質とはいえ脂質ということに変わりはありません。

つまり少しカロリーが高いので食べ過ぎないように気をつけてください。

カルシウムに関する記事はこちら↑です。意外な発見があるかもしれません。

オススメの小魚とナッツも紹介しておきます。大袋と小分けタイプの2つを用意しました!

⒌干し芋

干し芋は低GI食品なので血糖値の上昇が穏やかです。つまり太りにくい糖質なのです。

それだけでなく、食物繊維を豊富に含んでいるので便秘改善にも効果的です。

太りにくく便通を改善してくれて程よい甘さで美味しい。最強干し芋万歳。

干し芋は甘いものがどうしても欲しいというときやトレーニング前の食事におすすめです。

干し芋は通販でまとめ買いした方が圧倒的にコスパがいいです。どちらともいい芋を使用しているので美味しいです。参考までに↓

まとめ

 今回はトレーニングにおすすめの間食について紹介しました。

おさらいをすると…

  1. プロテイン
  2. ゆで卵
  3. 鶏の胸肉
  4. 小魚&ナッツ
  5. 干し芋

間食をうまく使って体を成長させましょう!

おすすめの記事