効率的なバルクアップをするのに重要なホルモンは何でしょうか?成長ホルモンでも、男性ホルモンでもありません。答えは“インスリン”です。今回はインスリンについて解説します。

インスリンについて学ぶことは、筋肉を成長させるだけでなく、ダイエットを成功させるのにも役に立ちます。それに糖尿病患者についての知識を高めることもできるので、最後まで読む価値は必ずあります。

インスリンとは

 インスリンとは膵臓のランゲルハンス島のβ細胞から分泌されるホルモンです。インスリンは血糖値を下げてくれるホルモンで、血液中の糖分を体の組織内に送り込んでいます。

血糖値を上げるホルモンはアドレナリンやグルカゴン、甲状腺ホルモンなどいろいろあるのですが、血糖値を下げてくれるホルモンはインスリンただ1つです。

インスリンの働きとは

 インスリンには主な働きが3つあります。

  1. 血糖値を下げる
  2. 栄養を運ぶ
  3. 体脂肪を合成する

ではそれぞれ解説していきます。

⒈血糖値を下げる

 先ほども述べましたが、インスリンは血糖値を下げる唯一のホルモンです。つまり糖尿病患者はインスリンを分泌できないので、血糖値を下げることができないのです。糖尿病については後述します。

⒉栄養を運ぶ

 インスリンの分泌には「基礎分泌」と「追加分泌」の2種類があります。インスリンは常に少しずつ分泌されており、これを基礎分泌と言います。そして食事をして、血液にブドウ糖が流れ込んでくると追加分泌が起きます。

インスリンは血液にある糖分を筋肉や肝臓などに送り込むことで血糖値を下げます。また同時にアミノ酸も血液を通して運んでいます。

⒊体脂肪を合成する

 筋肉の成長に必要なインスリンですが、残念なことに体脂肪を合成してしまいます。先ほど、インスリンは栄養を運ぶと述べましたが、筋肉や肝臓だけではなく、体脂肪にも栄養を運んでいます。

さらに、体脂肪を合成する酵素を助け、分解する酵素を阻害してしまいます。つまり、インスリンが大量に分泌されると体脂肪が増えやすくなるのです。

筋肉を増やすには

 体脂肪を合成しやすくしてしまうインスリンですが、筋肉の成長には欠かせません。筋肉を成長させるためには、インスリンを分泌させ、筋肉に多くの栄養を運ぶ必要があります。

闇雲に糖を摂取してインスリンを分泌させても筋肉が増えるよりも、体脂肪がどんどん増えてしまいます。なのでインスリンを多く分泌させるタイミングをよく考える必要があります。

 実は、糖を摂取しても体脂肪にならないタイミングが存在します。このタイミングにいかに糖とタンパク質を体に入れるかということが成長のポイントです。

その時間とはトレーニング中〜トレーニング後約3時間以内の“ゴールデンタイム”です。この時間は栄養の運搬先が体脂肪ではなく使った筋肉になります。筋肉が回復するために多くの栄養を求めるので、体脂肪が増えることはありません。

ゴールデンタイムをうまく使い筋肉を効率的に成長させましょう!

ダイエットとの関係

 ダイエットをする際はインスリンの分泌と向き合う必要があります。インスリンを分泌させないことは不可能ですが、大量に分泌されることを抑えることはできます。

それは糖質の摂取量を控えること、低GI食品を選択することです。(低GI食品に関する記事はこちらから

トレーニング後のゴールデンタイムは筋肉の回復に使うので糖質を控える必要はありません。甘いものが食べたければこの時間に食べましょう。

またゴールデンタイムではないのですが、起床後、トレーニング前は糖質を多めに摂取しても問題ありません。

まとめると、トレーニング後のゴールデンタイムとトレーニング前、起床後には多めに糖質を摂取し、それ以外の時間の糖質の摂取を控えるということです。

このことを意識して、ダイエットに取り組んでみてください。

糖尿病について

糖尿病は誰もが一度は聞いたことのある病気だと思います。糖尿病になってしまうと、インスリンが正常に分泌されません。

インスリンが分泌されないと、血糖値を下げることができない上に、栄養を運ぶことができません。

高血糖ですと血管系疾患のリスクが高まります。また、体に栄養を運べないとやせ細ってしまいます。なので糖尿病の患者は自らインスリンの注射を打っているのです。

まとめ

 今回はインスリンについて紹介しました。インスリンは私たちの体で絶えず分泌されており、筋肉や健康と密接に結びついています。

ホルモンというのは目で見ることができません。だからこそ、学ぶ必要があるのです。

インスリンをうまく使って効率的な筋肥大やダイエットを目指してみるのはいかがでしょうか?

最後まで読んでいただきありがとうございました。

おすすめの記事