卵は栄養が豊富で、健康を維持したり、筋肉を成長させるのには欠かせません。では、具体的にどんな栄養が含まれているのでしょうか。今回は卵の栄養について解説します。

卵は完全食?

 卵の栄養を紹介する前に、まずは完全食について説明します。

完全食とは…健康を維持するために必要な栄養をすべて含んだ食品や食事のことです。

卵はしばしば完全食と言われますが、実は違います。卵にすべての栄養は含まれていないのです。卵はビタミンCと食物繊維を含みません。

なので本当は、卵は“準完全食”なのです。ここに関しては誤解が多いところです。

「なんだ、準完全食か。」と思う方もいると思いますが、準完全食でも十分すごいです。“卵+ビタミンC+食物繊維=完全食”になるわけですから。

卵に含まれる栄養とは

卵1個、Lサイズ(60g)に含まれる主な栄養は

  • タンパク質…7.4g
  • ビタミンA…90μg
  • ビタミンB12…0.5μg
  • 葉酸…26μg
  • ビオチン…15.2μg
  • ビタミンD…1.1μg
  • ビタミンE…0.6mg
  • …1.1mg

これだけではなく、ビタミンB群やカルシウム、カリウムなどのミネラル類もバランスよく含まれています。たった1個の卵でこれほどの栄養を摂取できるというのは、驚くべきことです。

タンパク質の含有量が高く、タンパク質の吸収を助けるビタミンも豊富な卵は、栄養の吸収効率が高いので、筋トレには特に欠かせません。

卵黄と卵白の違い

 卵黄と卵白は栄養に大きな違いがあります。なので海外では全卵(卵黄と卵白)と卵白が別で販売されています。

最近ではフィットネスブームによって日本でも卵白のみを購入することができるようになったので、興味があったら購入してみてください。かなり安く手に入りますよ。

では、それぞれの違いについて解説します。

卵黄

 卵黄はビタミンなどの栄養が豊富です。なので美肌免疫力の向上に役立ちます。また、コリンという物質が含まれており、記憶力の向上認知機能の向上に効果があると言われています。

卵はコレステロールが高いと言われますが、卵黄に多くのコレステロールが含まれます。ですが、最近の研究では卵のコレステロールは気にしなくていいという報告があります。

なぜなら卵白にコレステロールを下げる作用が期待できるからです。ということは“卵は1日に1個”というのはもはや都市伝説です。

卵白

 卵白は何と言っても、ヘルシー。そして高タンパク低脂質。無駄な栄養を含むことない、純度の高いタンパク質を摂取することができます。なので卵白は単体でも販売されているのです。

“卵の白身は嫌い”という方がたまにいますが、貴重なタンパク源を逃しているのでもったいないです。そういう方がいたらもらってしまいましょう。

また、月見うどんなどの卵黄がのっている食べ物に、卵白がのっていないことがよくあるので、お店の人に「白身ものせてください」と頼んでみるのもいいかと思います。

まとめ

 今回は卵の栄養について解説しました。卵は食べ方によって栄養の吸収率が変化するのでこの記事も合わせて読んでください。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

おすすめの記事