「ジムに行く暇がない」「ジムが近くにない」という理由でホームトレーニーになる方は、最近増えています。今回は自宅でトレーニングする場合の必須アイテムを紹介します。

可変式ダンベル

 自宅でトレーニング器具を置くときに問題になるのは“スペース”です。

通常のダンベルはプレートをつけかえなければ重さを変えられないので、プレートの保管スペースが必要です。

ですが、可変式ダンベルはスペースがあまりなくても置くことができます。

1つあれば、いくつもの重さのパターンができるのでとても便利です。

40kgぐらいまでのものを購入すれば、トレーニング上級者になるぐらいまでは問題ないはずです。

軽いものを購入するとすぐに使わなくなってしまうので、少し背伸びするぐらいがいいと思います。

ダンベルは全身のトレーニングに必要なので、まずはじめに買い揃えたいものです。

プッシュアップバー

 プッシュアップバーは特に大胸筋を鍛えるのに最適なグッズです。

通常の腕立て伏せよりも可動域が大きくなるので、より大きな負荷をかけることができます。

手幅や手の角度を変えることで、いろいろな刺激を入れることができるのも大きな魅力です。

こんなに便利なのに価格は安いです。1つもっていても全く損はないので、是非とも手に入れてください。

アブローラー

 腹筋のトレーニング器具として有名なアブローラー。初心者でも簡単に腹筋を鍛えることができる優れものです。

初めは膝をつく“膝コロ”しかできないと思いますが、何ヶ月すると膝をつかない“立ちコロ”ができるようになります。

立ちコロができる頃には、ある程度腹筋は鍛えられています。まずは立ちコロができるように頑張ってみてください。

女性は腹筋が大好きです。夏を満喫したい方は、アブローラーをやってみてはいかがでしょうか?

チンニングスタンド

 自宅で背中を鍛えるとなると、やはりチンニングスタンドは必須です。

公園に行けば懸垂はできますが、行くのはめんどくさいですし、夏は暑くて冬は寒いですし、何より怪しいです。笑

なので家にチンニングスタンドがあるとストレスフリーです。チンニングスタンドは、ぶら下がって脚を上げることで、腹筋のトレーニングにも活用することができます。

チンニングスタンドはかなりのスペースをとります。でも、洗濯物を干すのに使えるのでそこは気にしなくてもいいと思います。

ベンチ台

 1台自宅にあるだけで、ダンベルを使用したトレーニングの幅が格段に広がるベンチ台。

フラットなタイプや、インクラインにしたり角度の調節ができるアジャスタブルタイプなどがあり、自宅を一気に本格ジムにしてくれます。

値段はピンキリですが、少しお金を出してでもアジャスタブルタイプをオススメします。

なぜなら筋肉はいろいろな角度から刺激を与えた方が発達しやすいからです

特に大胸筋に関しては、いろんな角度から刺激を与えないと丸く分厚くならないので、Tシャツやスーツをかっこよく着こなせるようになりたい方には、欠かせないアイテムです。

まとめ

 今回は自宅トレーニー必須アイテムオススメ5選を紹介しました。

自宅はどうしてもジムより設備が劣ってしまいますが、いつまでも言い訳をしていたら、筋肉は成長しません。

自宅であったとしても、環境を言い訳することなく、己を信じて鍛え抜いて欲しいです。

また、ただがむしゃらにトレーニングするのではなく、最新の情報に常にアンテナを張ることがとても大切です。

このサイトでは常に新しい情報を更新していますので、他の記事も読んでみてください。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

おすすめの記事