ナイアシンとはビタミンB3のことです。ビタミンB群は特に筋肉に必要なビタミンなのですが、その中でもナイアシンは筋肉でのアルコール代謝に関わっており、お酒を飲む方には欠かせません。そんなナイアシンのアルコールとの関係と様々な効果について今回は解説します。

ナイアシンとは

 ナイアシンとはビタミンB3であり、ニコチン酸とニコチン酸アミドの総称です。体内では多くの代謝や生体反応の補酵素として働いています。

必須アミノ酸の1つであるトリプトファンから合成され、摂取したトリプトファンの60分の1がナイアシンに変換されます。

必須アミノ酸は体内で十分に合成できないので、食事やサプリメントから摂取する必要があります。

ナイアシン不足は怖い。

 トウモロコシを主食とする民族は、トウモロコシにトリプトファンが少ないため、ナイアシン不足になりやすいです。

ナイアシン不足は、イタリア語で皮膚の痛みを意味する“ペラグラ”という疾患を引き起こします。(調べるときはグロいかもです…)

日本人の食事でナイアシン不足になることは滅多にないので安心してください。

ナイアシンとアルコールの関係

 私たちが普通に生活していれば、ナイアシンが不足することはないです。しかしお酒が大好きな人は注意が必要です。

なぜかというと、アルコールの代謝にはナイアシンが使われからです。ナイアシンとアルコールの関係について解説します。

アルコールが分解される過程

 まずはアルコールが分解される過程についてです。アルコールの主成分はエタノールです。

エタノールは体内に入ると、肝臓で酸化されて“酢酸”に変わります。そして、酢酸は血中を流れて筋肉に送り込まれます。

そして酢酸は筋肉でATPの材料になり、最終的に二酸化炭素と水になります。これがアルコール分解の過程です。

アセトアルデヒド

 エタノールは酢酸になることによって、筋肉が栄養として利用することができますが、その過程では問題が発生します。

エタノールはアルコール脱水素酵素の働きによって“アセトアルデヒド”になります。実はこのアセトアルデヒドに問題があります。

アセトアルデヒドは毒性が高く、この作用によって皮膚が赤くなったり、頭痛、吐き気を引き起こします。

また翌日までアセトアルデヒドが残っていると二日酔いになります。

ナイアシンの働き

 アセトアルデヒドは最終的に、アルデヒド脱水素酵素の働きによって酢酸になります。

エタノールが酢酸になるまでの過程で、アセトアルデヒドである時間が長いほど皮膚の発赤、頭痛、吐き気は長引きます。

そして二日酔いにもなりやすくなります。ですので、いかに早く酢酸にするかということがポイントです。

ここで有効なのがナイアシンの摂取です。ナイアシンを摂取するとアルコール脱水素酵素とアルデヒド脱水素酵素が増加します。

すると素早く酢酸にすることができるので、アルコールの分解を早めるということになります。

筋肉が多いとアルコールの分解は早い!?

 「筋肉が多いとアルコールは分解されやすい」と聞いたことはありますか。果たして、これは事実なのでしょうか。

アルコールの主成分であるエタノールは最終的に酢酸になりますが、酢酸は筋肉でATPとして使われます。

ここまででお察しの良い方はわかると思いますが、筋肉が多い方がATPをより使うので、酢酸の処理が早いということになります。

ということは、「筋肉が多いとアルコールは分解されやすい」ということになります。

ナイアシンのその他の効果

 ナイアシンはアルコールの分解を早めるだけでなく、そのほかにも素晴らしい効果が期待できます。

  • コレステロールを下げる
  • 動脈硬化の予防
  • 安産

コレステロールを下げる

 ナイアシンには善玉コレステロール(HDL)を増やす働きがあり、コレステロール値を下げることができます。

研究では、コレステロール低下薬とナイアシンの同時摂取によって心臓血管系イベントの発症確率が下がるという報告があります。

動脈硬化の予防

 動脈硬化の原因の1つは血管の炎症です。血管に炎症が起こると、炎症部に悪玉コレステロール(LDL)が入り込みます。

そして悪玉コレステロールは酸化し酸化LDLとなります。これは体にとっては異物です。

異物であるということは、体内の免疫反応が働きます。免疫細胞は大量の酸化LDLを取り込みますが、死んでしまいます。

死んでしまった免疫細胞はアテローム(沈着物)となり、血管にこびりつきます。これが動脈硬化の原因の1つです。

ナイアシンは血管の炎症を防ぐことができるので、動脈硬化を予防することができます。

安産

 ナイアシンの摂取によって、流産や胎児の先天異常を大幅に減らすことができます。

NEJMという権威のある医学雑誌に掲載された研究では、子宮内の胚胎児の正常な発達の阻害を、ナイアシンの摂取で防げることがわかっています。

まとめ

 今回はナイアシンのアルコールとの関係、ナイアシンの効果について解説しました。

アルコールをよく飲む方や妊婦さんはナイアシンを多めに摂取することをオススメします。

ナイアシン単体というよりは、必須アミノ酸のトリプトファンやビタミンB群のサプリメントを摂取するといいでしょう。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

おすすめの記事